No10.自慢話・高慢・武勇伝を語る自惚れ男|あるある男子シリーズ

婚活座談会

20代の婚活男女座談会

20代の婚活男女座談会

婚活パーティー未体験の女性が、既に婚活中の20代の男女へ実態を質問!

>>記事を読む


30代「婚活のホンネ」

30代「婚活のホンネ」

婚活中女性&結婚願望薄め男性が、結婚や婚活に関する本音を激白!

>>記事を読む

自称婚活マニアの女性が未体験のクラブチャティオの婚活パーティーに参加した際の体験談を更新中!(毎週水曜日更新)

>>体験談を読む

婚活体験談

婚活パーティー攻略法

口コミ・評判

婚活パーティーの種類

婚活の基礎知識

婚活業者の紹介

あるある男子シリーズ◆No.10 自慢話・武勇伝トーク男子

婚活パーティーでも時々見かけるのが「マシンガントーク系」男子。ひたすら「オレがオレが」と語る男子なんだけど、特にそれが自慢話や過去の武勇伝なんかだと聞いている女性も本気でうざったくなってくるのよねぇ。

もっとも流暢で「話し上手」なタイプの男性なら女性に好かれるタイプもあるわ。婚活パーティーでも場を盛り上げてくれたり、その場をうまく仕切ってくれるような部活キャプテン系男子ね。

問題なのは、ただ「おしゃべり」なのではなく、ひたすら自分の自慢話、過去の武勇談なんかを意気揚々と話す「マシンガントーク系男子」よ!婚活パーティーに限らず、男性から見ても職場なんかに「いるいるそういう同僚」「あるあるそのテの上司」じゃない!?

婚活女子もウンザリ……マシンガントーク系男子の特徴

  • 自分のことしか話さない
  • 口を開けば「自慢話」
  • 武勇談を得々と披露
  • 相手の話を途中で遮り自分の話題にひっぱる

基本的に婚活では「話し上手」より「聞き上手」のほうがうまくいくの。それなのに、自分ばっかりおしゃべりに興じて、しかも自慢話と「オレ様トーク」ばかりでは女子に嫌われても仕方ないわね。

ちなみに私の経験の中では、自分は若い女の子に「意外とモテるバツイチ自慢」を延々と語った男性が最悪パターンかな。「それならなんで婚活してんの?」って思わず聞いたらグッと言葉に詰まっていたっけ(笑)あのカレ、婚活うまくいったのかしらねぇ…。

会話のキャッチボールを意識して欲しい

ただね、ひとつ言っておきたんだけどおしゃべりだからダメって事じゃないのよ。『会話のキャッチボールができない』…これが問題なのね。

一方的に自分の話をする。こちらの話を途中で遮る。なんでも自分の話題にもっていく。相手がいてこそ成り立つ会話なのに、実はひとりでアナウンス状態なのね。こんな人と「パートナー」になれるわけがないでしょう?

会話のキャッチボールもできない人と心の交流ができるわけがないんですから。しかもそういう人に限って、自分の話題というのが「自慢話」+「武勇談」だからつけるクスリがないわけよ……。

好感を持たれる話し上手・聞き上手になるために

  • 女性の話に熱心に耳を傾け、時折大きくうなずく
  • 思い遣りのあるひと言を加える(大変だね、頑張ってるんだねなど)
  • 名前をよんで会話する(○○さんは、と名字で呼ぶ)
  • 会話のスピードを相手に合わせる
  • 基本的に褒める!
  • 自分の話:相手の話は3:7ぐらいの割合がちょうど良い
    (全く自分の話をしないも不自然だし、隠したがっているようにも見えるので)

 

女子が「許せない!ウザい!」と思った男子トークは……

婚活パーティーでまず自分の年収を言い放った。余程自信があるんだなと思ったけど、その後もずっと外車とか行きつけのフランス料理で1本5万のワインを飲んだとかそんな話ばっかり。なるほど国家公務員で年収900万。そこまでいけば大抵のことは妥協できると思っていたけど、高慢な態度だけは絶対ムリ!(29歳女性・保育士)

典型的な「自慢話」男子。年収900万でも「やりすぎ」たら嫌がられるのだから、基本的に自慢話は御法度よ!

 

個室スタイルの婚活パーティーだったから結構ジックリ相手と話したんですが、その内のひとりの男性は最初から何か違和感があった。途中で気づいたんですが、どんな会話をしていても私が話している最中に「あッ、それね、知ってる、自分はさ」と何でもかんでも自分の話に持っていっちゃうんです。こんなジコチューの男性とは結婚はおろか、恋人だってゴメンです。(31歳女性・受付嬢)

これこそ「会話のキャッチボール」ができていないケース。相手の話を聞いているようで聞いていない。自己中心的と言われても仕方ないわね。

 

渋い感じの会社経営者の男性。40歳という事でなるほど経験豊富なのでしょうが、だからといってエンエンと学生時代からいかにモテたかを話されてもね。自分なりにうまく繕っているつもりらしくて、いちいち「ま、こんな事くだらないし、意味がないんだけどさ」とか「だからってモテるとか、そういう事じゃないよ」と付け加えるのが余計にうざったかった。(女性35歳・看護師)

武勇談もマズイ上に、言い訳がましい事まで口にしたら敬遠されるに決まってるわ。わりと年齢が高めの男性の多いの。言い訳しているつもりはなくても、相手は敏感に察知するものだから気をつけないとね。

 

お母さんがどんなに料理が上手で家庭的で素晴らしい母親だったか、という話題は辞めたほうがいいです…。マザコンにしか見えない…。おしゃべりな男性の「ママ自慢」だけは勘弁してほしいですね。(女性26歳・OL)

女性の「パパ大好き」に対して、男性の「マザコン」。この2つのネタは異性に嫌われるパターン。結婚しようという年齢の大人が母親・父親の話題を頻繁に出すのはどうかと思うわ。

 

頭ごなしに否定する男性。ゴルフという共通の趣味があったのに、私の使っているクラブの話に「あ、それはよくないな。○○のが一番だね」、コースに出たかという話題に父親といった場所を告げてみたら「あ、そこね。あそこは整備もよくないし、人気ないんだよね」。

挙げ句の果てには「女性のゴルファーってきゃぁきゃぁ言うでしょ?ああいうマナー違反ってどうかと思う」。別にあなたとゴルフに行かないので心配しなくてけっこうです!と言いそうになりました。(女性31歳・トリマー)

結婚してからが思いやられるタイプよね。女性の話は肯定的に受け止めるのが基本よ!

 

会社で上司にいかに可愛がられているかを話し出した男性に幻滅しました。ハイステ系男子には時折こういうタイプがいます。何度も上司に縁談も勧められたとか。財閥系のお嬢様とつき合った経験があるとか先週はモデルが集まるパーティーに行ったんだとか。だったら婚活しなくていいのにね。嘘くさ〜。(女性25歳・アパレル)

自慢ネタ系でも参っちゃうのがこのテのタイプ。お金や財産の自慢はある意味単純なんだけど、その上いかに「モテます」トークは婚活では厳禁。ホント、この女性の言う通り、だったらなんで婚活するの?っていう事になっちゃうから。

 

自虐ネタっていうのかなぁ。オレなんてさ、からはじまるトーク。あんまりネガティブな発言って聞いていて痛々しい。そういう男性って実はプライドが高くて、でもそれを隠している感じがして。

たまに愚痴をこぼす感じだと逆に率直さが好印象だけど、婚活パーティーなんてそもそも長時間じゃないのに、その短い時間内でもずーっと「オレってバカだし」「ブサイクでしょ」「オタクっぽいからさ、オレ」「女性に嫌われても当然だよね」「いいんだよ、別に。オレを指名なんてするはずないだろうしさ」…。ええ、指名しません!って感じですね。(女性37歳・ネイリスト)

自信がないばっかりに逆におしゃべりになる男性もいるわね。自虐ネタは聞いている側も不愉快なもの。それなら素直に「女性と話すのも苦手だし、これまでモテたこともなくて」とストレートな告白をしたほうがよほど好感を持たれると思うわ。

 

それにしても聞いてみるといくらでも出てくるのにビックリしたわ。「婚活パーティーで出会った、おしゃべりがうざかった男子」というテーマに思いっきり食いついた女性がどれほど多かったことか!最近は草食系とか言って、女性と話すのが苦手だったりオクテな男子ばかりと思い込んでいたけど、いつでも存在するのね、こういう「自慢タラッタラおしゃべりオトコ」って。

 

聞いている相手をうんざりさせる「おしゃべり」は「会話」じゃないのよ。一方的な垂れ流し!会話はふたりでお互いを知り合うためのもの。思い遣りと心遣いで「聞き上手」になるのが大切よ!

 

目次へ戻る

↓↓ 素敵な出会いは、行動に移した人のみ訪れる byアンジェ

素敵な男性との出会い

TOPへ

Copyright 婚活比較ネット 2009-2017