今すぐ彼氏彼女が欲しい人

婚活座談会

20代の婚活男女座談会

20代の婚活男女座談会

婚活パーティー未体験の女性が、既に婚活中の20代の男女へ実態を質問!

>>記事を読む


30代「婚活のホンネ」

30代「婚活のホンネ」

婚活中女性&結婚願望薄め男性が、結婚や婚活に関する本音を激白!

>>記事を読む

自称婚活マニアの女性が未体験のクラブチャティオの婚活パーティーに参加した際の体験談を更新中!(毎週水曜日更新)

>>体験談を読む

婚活体験談

婚活パーティー攻略法

口コミ・評判

婚活パーティーの種類

婚活の基礎知識

婚活業者の紹介

今すぐ恋人が欲しい!1ヶ月で彼氏彼女を作るコツ

次の連休は彼氏彼女と遠出のおでかけデートがしたい!そんな希望がある方に読んでもらいたい、たった1ヶ月でも、恋人を作る「短期決戦」の婚活、恋活方法を紹介します。

(1)平日も土日も含めて週2〜3回婚活パーティーに参加!
(2)婚活パーティーの業者やエリアは固定しない
(3)スキマ時間はペアーズでマッチング攻略
(4)女子はデートの誘いは断らない!男子はとにかく誘う事!
(5)電話やLINEでコミュニケーションはマメにする

(1)平日も土日も含めて週2〜3回婚活パーティーに参加!

ズバリ、婚活短期必勝法のコツは「出会う!ひたすら出会う!」事です。とはいえ、ただ闇雲に出会いを求めても、カップルになれる確率はアップしません。街コンでも、相席居酒屋でも「出会い」はあります。でも、参加している人の中には

  • 友達に誘われたから
  • 女性は料金が格安だから
  • 単純にヒマだから
  • 実は恋人がいるけど気分転換がてら

こんな男女がいないわけではありません。どちらかといえば、婚活を意識して参加している人の方が少ないでしょう。そうなると、出会いはあっても、「結婚につながる交際」に発展する可能性は低くなってしまいます。

短期決戦婚活では、そんなムダな時間は過ごせません!

というわけで、婚活、恋人募集中、結婚前提の出会いを求めている人だけが参加している婚活パーティーがベストな出会いの場となるんですね。

あとは、数をこなすのが必要です。出会いの量を増やすには、結局、いかに多くの婚活パーティーに参加し、初対面の人との出会いを増やすか、です。週末のハシゴはもちろんですが、平日会社帰りにも「19時スタートなら間に合いそう」ならスグにエントリー。有給とって水曜日昼間の婚活パーティーに参加するぐらいの意欲こそが、「短期決戦の婚活」必勝法です。

(2)婚活パーティーの業者やエリアは固定しない

  • 週末の大型イベント婚活に参加→複数の異性と連絡先交換
  • 勤務地、居住地だけにこだわらず、他のエリアでも参加→雰囲気も全く違って、新鮮な出会いがある
  • あいている予定にあわせて、業者を限定せず「参加できる」婚活パーティーをどんどん選んでエントリー→出会えるチャンスを確実に増やす

1度参加した婚活パーティーは、流れや雰囲気もわかるので、ついつい同じエリアの、同じ業者が開催する婚活パーティーに参加しがちです。でも、各業者ごとに参加者の雰囲気や年齢層が違うんです。短期間で新しい出会いを求めるなら、こだわりすぎず、様々な場所の、色々な婚活スタイルに参加しましょう。

例えばこんな婚活スケジュール

水曜日:今日は定時退社デーなのでパーティーパーティー新宿のパーティーへ

土曜日:1日フリーなのでおとコンとパーティーパーティーへ2件、銀座でハシゴ!

日曜日:今日は天気も良くないので、家でペアーズ三昧。

これだけでも1週間で30〜40人の異性と出会えます。

(3)スキマ時間はペアーズでマッチング攻略

若い世代に人気のマッチングアプリですが、婚活パーティーと比べると、真剣な出会いというよりも、もう少し気軽に「友達を増やす」感覚のようです。

中でも人気が高いのがペアーズですが、登録者数も多く、毎日のように新しい男女が検索で見つかります。ペアーズのようなマッチングアプリのメリットは、婚活パーティーと違って、ちょっとしたスキマ時間にサクっと利用できる事。

通勤途中の電車で、昼休みに、夜寝る前に、ちょこっと検索、いい人がいたら、とりあえずダメもとでも「いいね」を送ってみましょう。

まずはメールやLINEからでも立派な婚活

マッチング成立=恋人という関係にはなりません。でも、メッセージの遣り取りをする相手が増えれば、交際範囲も広がり、結果的に中には「本当に会って、ちょっと話してみたい」と思う相手が見つかる事も。

正直、マッチングアプリの場合は(言葉は悪いですが)「数打ちゃ当たる」的な所もあるので、ガンガン利用して、アプローチをかけるのが基本です。そこで、デートの約束をしたくなるような相手と出逢えたらラッキー、でも、利用しなかったら「買わなきゃ当たらない宝くじ」と一緒です。婚活短期決戦では「ダメもとでも、可能性が少しでもある限りは利用してみる」そうして出会いを増やすのが大切です。

(4)女子はデートの誘いは断らない!男子はとにかく誘う事!

婚活パーティーにせよ、マッチングアプリにせよ、連絡先交換をしたり、カップルになれたら、まず相手の最初のお誘いには答えておきましょう。

「ちょっと微妙かも」と思っても、会ってみる事です。婚活パーティーの短い時間での第一印象だけでは、本当の相手の姿をすべてわかるわけではありません。マッチングアプリでいくらメッセージの遣り取りをしても、やはりまず実際に会ってみないと、お互いの相性やフィーリングはわかりません。

女性=男性からの誘いは断らないこと

極端なアプローチや、いきなり夜にホテルのバーで会おう、みたいな誘いには注意。それ以外の、常識的なお誘いなら、例え「タイプじゃないんだけどな」と思っても、1度は応じてみること。

男性=お茶やカフェなど軽い感じで必ず女性は誘ってみる

どうせ無理そう、と決めつけず、連絡先交換やメッセージを送れる状況になっていたら、すぐにお相手に誘いをかけましょう。いきなり、重いデートでは相手もためらいます。まずは「ふたりで会う」のが重要、休日の午後に軽くお茶でも、といったライト感覚でアプローチしてみましょう。

(5)電話やLINEでコミュニケーションはマメにする

  • 「繋がる」ことがふたりの関係を深める
  • 頻繁に連絡をする事で親近感がアップする
  • 「しつこく、長い訴えメール」は×、「軽く、近況報告メール」が◎

きっかけがなんであれ、出会った相手と密接にコミュニケーションをとるのも大切です。繋がりかけた「赤い糸」も、ほおっておいたら、相手は手を離してしまいます。握った糸は離さずに、相手に軽い雰囲気でマメに連絡をとりましょう。

例えば、大雨になったら「雨がすごいね、大丈夫ですか? 風邪とかひかないよう気をつけてね」、日曜日の夜に「明日からまた仕事だと思うと、ちょっとげんなり〜、でもがんばろう!」、「今日、通勤途中で小学生が秘密基地を作ってたよ!懐かしくて、可愛かったなー」……要するに、なんでもいいのです。

相手も軽く答えやすいような、普段の会話をするのがコツです。そして、

「昨日、会社の懇親会で行ったイタリアン、けっこう美味しかったんだ。よかったら今度どうかな?」

こんな「流れの中で」相手を誘えば、とても自然で「いいね、行きたい!」と答えやすくなるはずです。

婚活パーティーでもマッチングアプリでも、最初の繋がりは本当に細い糸です。たぐり寄せ、常に相手に自分の存在を知らせる事で、自分の印象を植え付けるのがポイントです。

婚活・短期決戦に必要なのは「前向き」ポジティブシンキング

婚活は、どんなに一生懸命頑張っても、うまくいかない時はいきません。短期決戦で、いろいろな婚活パーティーに参加したり、複数の異性にアプローチしても、なかなかうまくいかない事だってあるでしょう。

そんな時に、「やっぱダメだな」と開き直ったり、投げ出したりしないで下さい!

一生懸命、婚活に燃えれば燃える程、うまくいかない事に疲れたり、倦んでしまったりしまいがち。しかし、世の中ウン万人という男女がいて、たまたま「縁がない相手」だっただけの事。

「ま、次もあるし」
と、ぜひ前向きに考えましょう。悩んだり、落ち込んで、婚活をストップしてしまった時点で、新しい出会いはないも同然です。ひすたら、出会いを求めて行動すること!3人の異性と出会っても、好きなタイプはいないかもしれないし、いたとしても、うまくいくとは限りません。でも30人の異性と出会えば、5人位は好みのタイプがいるかもしれない。その内ひとりとうまくいくかもしれません。出会いの「分母」を多くしていけば、運命の相手と出逢える可能性はそれだけ高まります。

前向きで、楽しく婚活をしている人には、自然と異性の視線が集まるものです。だらだら、ずるずる、なんとなく「婚活」するのではなく、「1ヶ月後には恋人がいる」リアルに想像して、行動しましょう!

>>今週参加できる婚活パーティーを探す

 

<<一覧に戻る

TOPへ

Copyright 婚活比較ネット 2009-2017