上手なデートの誘い方

婚活座談会

20代の婚活男女座談会

20代の婚活男女座談会

婚活パーティー未体験の女性が、既に婚活中の20代の男女へ実態を質問!

>>記事を読む


30代「婚活のホンネ」

30代「婚活のホンネ」

婚活中女性&結婚願望薄め男性が、結婚や婚活に関する本音を激白!

>>記事を読む

自称婚活マニアの女性が未体験のクラブチャティオの婚活パーティーに参加した際の体験談を更新中!(毎週水曜日更新)

>>体験談を読む

婚活体験談

婚活パーティー攻略法

口コミ・評判

婚活パーティーの種類

婚活の基礎知識

婚活業者の紹介

上手くいった場合のデートの誘い方・誘われ方、準備について

パーティー当日にデートに行くのが吉◎
パーティー当日にデートに行くのが吉

後日改めてデートしても良いのですが、
「鉄は熱いうちに打て」の諺にある通り双方の気持ちが盛り上がっているうちに2人で話をする機会を設ける方が、短い期間で親しくなれる場合が多いです。
少なくともパーティー開催から一週間以内にデートに行けるよう、予めスケジュール調整をしておきましょう。

私の経験では、当日中にデート出来なかった
相手(一週間以内にデートできなかった相手)と二度と会うことはありませんでした。
気持ちが冷めてしまうというのが大きな要因ですが、冷静になってしまうと改めて会うことに戸惑いや躊躇、不安を感じてしまうんです。ですから男性も女性も、出来るだけパーティーの後に予定を入れるのは避けた方が無難です。
特に男性は誘う側ですから、たとえ無駄になってしまったとしても「他の予定がある日にはパーティーは行かない」というルールを作っておくと良いでしょう。

 

パーティー前日までにお店を決めておく(男性)

パーティーが終わった後すぐに行くお店ですから、終わる時間帯にあったお店選びをしましょう。また本来なら食事を行うような時間帯であっても、最初から食事に行くことに躊躇する女性も多くいます。
ですので少し面倒でも、食事に行くお店とお茶するお店と2パターンで探しておくと良いです。お茶するお店でも、軽食が取れるようなお店だともっと良いですね。

 

お店選びのポイント

■■ お茶するお店 ■
NGパターン
・客の少ない喫茶店
・学生が多くて騒がしいお店
・ファーストフード店
・タバコの煙が蔓延しているようなお店
・人通りの少ない路地にあるようなお店

OKパターン
・美味しいスイーツのあるお店
・オシャレな雰囲気のお店
・落ち着いて話ができるお店

■■ 食事をするお店 ■

NGパターン
・高級なレストランや飲食店
・照明が暗すぎるお店
・タバコの煙が蔓延しているようなお店
・人通りの少ない路地にあるようなお店
・チェーン店
・騒がしくて話づらいお店
・鍋料理や焼肉などのお店

OKパターン
・窓からの景色がキレイなお店
・イタリアンなどは外しにくい
・ヘルシーな食事が頂けるお店
・こだわりを感じられるお店
・隠れ家的な落ちつけるお店
・個室があればベター

近くに良く行く美味しいお店があれば、そこで良いと思います。
行ったこともない知らないお店に連れて行ってもらうより、行きつけの美味しいお店に連れて行ってもらった方が嬉しいのは、男性も女性も同じです。

行ったことがないお店の場合は、予め足を運んでリサーチしておくといいですよ!
「良いお店を知っている」というのは、お見合いパーティーの場だけでなく男性の価値を上げる1つにもなると思います。

 

デートの誘い方のポイント(男性)

ポイント1 連絡先交換の際にさりげなく(でも必ず)デートに誘う

ポイント2 時間帯によって「お茶」か「食事」か使い分ける

目安は17:00頃までにパーティーが終了した場合はお茶、それ以降なら食事でも良いと思います。迷ったら「お茶」にしておいた方が無難です。
相手の反応を見ながら、臨機応変に対応しましょう。

ポイント3 時間を区切って誘う

初対面の男性が相手の場合、少なからず警戒してしまうのは女性の特性です。
(※女心をもっと知りたい方は⇒女心が分からない男子のための女心の基本
相手が誰だからということではありません。ですのでその不安や警戒を緩和してあげられるように、時間を区切ってあげると女性はわりと安心できます。

例えば、
「この後1時間くらい、お茶しながらお話しませんか?」
「宜しければ食事でもどうですか?21時までには帰れる感じで。」など、
帰りの時間が計算できるような誘い方をすれば、警戒心はかなり軽減されます。

ポイント4 しつこく誘わない

相手の女性があまり気乗りしない感じのときは、潔く引きましょう。
可能ならこの時に、次のデートの約束をしておきたいところです。

しつこい印象を与えないよう、
「できれば近いうちにまたお話できればと思っていますが、都合の良い日はありますか?」など、相手の意思を尊重する感じで聞けば、あまり嫌な思いをさせることはないと思いますよ!

おまけ:マメな男性はモテます!

当日にデートに行けた場合も、行けなかった場合も、必ずその日のうちにお礼メールをしましょう。
女性は基本的に「マメな男子」が大好きです。それから「自分に好意を抱いてくれている男性を好きになる」性質をもっています。ですから一日に一回でもメールのやり取りが出来れば、次に繋げられる可能性を高められると思いますよ!

 

◎デートの誘われ方(女性)

ポイント1 相手の男性に好意を持っていることを示す

男性は「イケる」と思った女性でないと誘えない性質を持っています。ですから相手に予定がない限り、相手の男性に好意を持っていることをしっかりと示せば自然と誘ってくれるものです。
「相手の男性とカップルになれて嬉しい」ということを伝えてみましょう。

(※男心をもっと知りたい方は⇒男心が分からない女子のための男心の基本

ポイント2 さりげなくその後の相手の予定を聞いてみる

「この後はお仕事ですか?」
「この後はどこかに寄って帰られるのですか?」など、相手に聞いてみましょう。
そうすれば逆に相手の男性も、女性のその後の予定を聞きやすくなります。

ポイント3 勿体ぶった態度は控える

本当は誘われたいのに、誘われると困ったフリをしてしまう。
なぜか女性ってそういうところがありますよね!でも、お見合いパーティーにおいてそれはタブーです。
そうされた相手の男性は「カップルになったのに、どうして嫌そうなんだろう?」と、女性の真意が見えずに誘いづらくなってしまいます。
女性は素直な方が、男性には可愛く見えます。あまりカッコつけずに、素直に受け入れましょう。

 


目次へ戻る

TOPへ

Copyright 婚活比較ネット 2009-2017