No17.薬剤師女子編(前編)|人気職種の女子を攻略せよ!

婚活座談会

20代の婚活男女座談会

20代の婚活男女座談会

婚活パーティー未体験の女性が、既に婚活中の20代の男女へ実態を質問!

>>記事を読む


30代「婚活のホンネ」

30代「婚活のホンネ」

婚活中女性&結婚願望薄め男性が、結婚や婚活に関する本音を激白!

>>記事を読む

自称婚活マニアの女性が未体験のクラブチャティオの婚活パーティーに参加した際の体験談を更新中!(毎週水曜日更新)

>>体験談を読む

婚活体験談

婚活パーティー攻略法

口コミ・評判

婚活パーティーの種類

婚活の基礎知識

婚活業者の紹介

人気職種の女子を攻略せよ◆薬剤師女子編(前編)

人気職種の女子を攻略せよ◆薬剤師女子編(前編)

今回は、薬剤師の女性について書いていくわね。結婚相手として人気職種が薬剤師?と思った男性、多いんじゃないかしら?そうね、男性の薬剤師は人気だけど女性の薬剤師って、あまり聞かないかもね。でもね、だからこそいいのよ。まさに、穴場の素敵女性ってところね。じゃあ、まず彼女たちと出会う方法をしりましょー!

薬剤師と100%出会える「マッチングアプリ」

マッチングアプリって知ってる?ここ1〜2年でスゴイ勢いで普及している新しい婚活サイト。スマホで出会いと言えば、出会い系のイメージが強かったけれど、マッチングアプリは恋人探しに特化した出会いのツールね。

・本人確認がしっかりしている
・料金は定額制(2〜3千円位)
・いわゆるサクラはいない
・出会い系ではなく婚活に近い

こんな感じの特徴。「婚活アプリ」「恋活アプリ」とも呼ばれているのね。

流れとしては簡単で、登録者のプロフィールを検索→気に入った相手とメッセージのやり取りをすると言う感じ。オンライン上の婚活パーティーみたいな感じね。

このマッチングアプリのいい所は職業を指定して出会えること。だから簡単。「薬剤師」を指定して検索するだけ。

薬剤師の検索が出来るアプリはこの2つ。

真剣度の高い「Omiai」

Omiaiで薬剤師を検索
(↑こんな感じで薬剤師ちゃんだけ検索出来るのよ)

結婚を前提に付き合いたいなら絶対Omiai。ここはユーザーの大多数が真剣に付き合える相手を探しているの。

ユーザー層も幅広く20代〜60代まで。中でも結婚適齢期の25歳〜35歳がメイン層になっているから、結婚に対して前向きな人が多いのかもね。

また、サクラや業者、迷惑ユーザーの排除にも力を入れているので男性はとっても活動しやすいアプリね。

公式サイト:https://fb.omiai-jp.com/

会員数No1「ペアーズ」

ペアーズで薬剤師を検索できる
(↑ペアーズもこんな感じで詳細プロフィールが見れるの)

とにかく多くの人と出会いたいならばこっち。累計会員数はOmiaiの倍くらい。地方エリアなど人が少ない地域での婚活にも向いているわ。

ペアーズはコミュニティ機能があって、相手の趣味などが分かりやすいプロフィールにになっている。職業だけじゃなくて、趣味も同じ人が良いっていうワガママさんはこちらね。

公式サイト:https://pairs.lv/

 

出会いの確率を上げるコツ

結局どっちが良いの?と思った人は両方登録してみて。というのも、マッチングアプリは「メッセージ交換が有料」なの。

だから、薬剤師女子を検索してマッチングするまでは無料。Omiaiとペアーズ両方使ってみて、マッチングした数が多い方を使うのがお勧め。もちろん、短期集中として両方使えばそれだけ彼女が見つかるスピードは速くなるわよ。

2個とも登録しても1万円以下。婚活パーティー1回〜2回分の料金で1ヶ月丸っと使えるのよね。

>>Omiaiの無料登録
>>ペアーズの無料登録

マッチングアプリなら数100人の薬剤師と出会えるチャンス

マッチングアプリをおススメする一番の理由は、何より出会える人数が多いこと。婚活パーティーや結婚相談所、合コン、紹介、日常生活含め、普通の出会いで薬剤師と出会える可能性ってすっごく少ないの。

でも、マッチングアプリは別。

登録するだけで数100人の薬剤師と出会えるチャンスが生まれる。これだけで随分とハードルが下がる。条件重視の婚活・恋活をしたいならばマッチングアプリはものすごく向いているツールよ。

薬剤師で検索できるアプリ

Omiai(真剣に婚活したい人向き)
ペアーズ(気軽な出会い、地方エリア向き)

+婚活パーティーのおススメを読む

薬剤師女子は出会いがない=婚活中が多い

薬剤師の世界は女性が多く男女比は3:7と言われているの。また外部との接点があまりない業界。だから仕事内での出会いはほぼ無いと言っても良いくらい。また、給料は安定しているけど、なかなか昇給やキャリアアップが難しい世界と言う事もあって、多くがパートの主婦薬剤師だったりするのよね。

だから、薬剤師女性は仕事一筋というタイプは少なくてどちらかと言うと結婚して家庭を持ちながら、薬剤師としてパート出来れば…。と考える人が多いみたい。だからこそ、出会いを求めて婚活パーティーに参加している人も多いということね。

 

薬剤師女子と出会える婚活パーティーなら
真剣な雰囲気のパーティーが◎!

oお勧め

薬剤師の女性の特徴…
・真面目→チャラチャラした男性は苦手
・高収入→男性にも自分の収入以上を求める

という点から考えると、

真面目な雰囲気かつ、高収入な男性参加者が多い婚活パーティー」を選ぶのではないかと思うの。更に、堅実派が多い薬剤師女子は、有名だったり大手企業が運営している、信頼感があるパーティーを選ぶと思うのよね。その条件にぴったり当てはまる婚活パーティーはズバリ↓!

「PARTY☆PARTYのプチお見合い」
個室タイプのお見合いパーティー。1人当たり10分ほどじっくり会話できるから、相手のことが良く分かりカップル率が高いと人気。

>>プチお見合いの詳細

PARTY☆PARTY

 

婚活パーティーで99%薬剤師女性と出会える裏技

実はこのパーティーパーティー、申込前に参加者の職業と年齢を知ることが出来るのね。

薬剤師女性と出会える婚活パーティー

こういう感じでね、薬剤師女性が参加者のリストにいるの。ここに申し込めば、その子がキャンセルしない限り100%出会えるってこと。(キャンセルも考えて99%にしたわ…。)

 

パーティーパーティーのデメリット「対応エリアが少ない」をカバー

パーティーパーティーは東京・大阪・名古屋の大都市には強いけど、札幌や沖縄、九州、四国などの地方エリアでは開催していないのよね…。

そこでお勧めなのがシャンクレール。こちらは対応エリアが広く、あのゼクシィとも提携しているくらいの大手婚活パーティーなの。

で、シャンクレールの特徴としては若い女性、特に20代の参加が多いこと。そして女性の参加料金が安く、女性からの人気が高いこと。だから、パーティーパーティーよりも女性の参加者数が多く、それだけ沢山の人と出会えるチャンスがあるってわけ。

例えば、パーティーパーティーの平均参加者数8人と、シャンクレールの20人だったら、絶対に数が多い方が薬剤師と出会える確率は高いわよね。

もし、パーティーパーティーで事前に薬剤師女子を見つけられなかったら、シャンクレールに行ってみて。


薬剤師の女性は「理系の女」

じゃ、実際に出会えた後の攻略法を紹介していくわね。理系の男性って、クールで真面目で頭がいいというイメージない?まさに彼女たちもそう。薬剤師と言えば、大学で6年間学んで国家資格を受けて合格して初めてなれる職種。真面目で頭がいい人が多いに決まってる。

チャラチャラしたのも好きじゃないし、男性ウケを考えるようなタイプでもないよね。自分の道、考えを持った女性たち。素敵よね〜。

実は、後輩の1人が薬剤師。彼女との会話は面白いわよ。

アンジェ) 週末は何してるの?
後輩) 先週はワインの試飲会に行ってきました。
アンジェ) あら、オシャンティーじゃない。
後輩) オシャンティーとは?
アンジェ) あぁ・・・お洒落ねってことよ・・
後輩) なるほど、覚えておきます。
アンジェ) いやいや・・・最近は遊べてるの?
後輩) ほどほどに。スキルアップを目指して勉強中なので。
アンジェ) 相変わらず真面目ねー。
後輩) いえ、ちゃんと興味のあるものには足を運んでますよ。
アンジェ) そうなの?婚活なんかもしてる?
後輩) あ、難しいですね・・会話が苦手なので。

 

「The 真面目」って感じでしょ。オシャンティーなんて言って恥ずかしくなっちゃったわよ。もっと肩の力を抜けばいいのにって思う事もあるけど、ある意味、羨ましいなぁって思う部分も多いのよね。例えば周りに流されないところとか、何かいつも目標を持って努力しているところか。

理系の女性って自立している人が多いからコミュニケーションが得意ではなくてもゆっくり時間をかけて仲良くなると、意外と会話が面白いのよ。だから、私は結構好き。ふわふわした女性と結婚するよりも、しっかり地に足のついた女性と結婚した方がいいと思うしね。

 

彼女達と結婚すると・・

彼女達と結婚すると・・

薬剤師と言えば、看護師同様仕事に困らないわよね。

>>看護師と出会える婚活パーティー

転勤してもどこにでも調剤薬局や病院はあるから、求人にも困らない。地域の特長が影響する職種でもないし、どこでもやっていけるのは魅力的。そして何より、そのお給料。時給は2000円とかだから、子供ができても短時間パートで十分家計が潤う。家事・育児と仕事を比較的ラクに両立できる仕事って、そうないでしょ。ホント羨ましいわ〜。

最近の婚活男性は、共働き希望って多いじゃない?それって経済的に安定するからだろうけど、男性のわがままなところで、働いてはほしいけど家の事もしっかりやってほしいって思うのよね。日本の女性はだから大変。猫の手も借りたいくらい忙しい人ってすごく多いもの。その点、薬剤師の女性は両立が十分に可能なのよ。自分のスキルアップややりがいだって得られるしね。

どうかしら?
経済的な面だけでなく、理想とする家庭生活が得られやすいのが想像できるんじゃない?ちなみに、親戚の奥さんが薬剤師なんだけどね、1日の流れを説明すると

 

 7時    起床、朝食準備、洗濯など
 9時半   出勤(徒歩15分)
 13時    勤務終了
 14時    ジムでリフレッシュ
 15時    カフェでお茶、買い物して帰宅
 16時    子供達帰宅
 18時    夕飯の準備

何という優雅なライフスタイル(笑)
パートといえど仕事をしていたら、なかなかゆったりは出来ないもの。
スマートな生活だわ〜♪

さてこんな彼女たちだけれど、問題は「奥手」&「流行りにのらない」こと。
婚活してそうにないものねー。ただ、女性が多い業界だから出会いが欲しいと思って活動をしている事も事実よ!


戻る


TOPへ

Copyright 婚活比較ネット 2009-2017